スポンサーリンク

川越で5年乗った車を手放し、帰りに散歩してきた話。

車を手放した。

昭和のころに免許を取ってから途切れることなく車に乗ってきたけど、ここにきて車を持たない生活に入った。人生初だ。

eKワゴン

車を手放す話

最近、車をローンで買う場合に残価設定型プランというのがある。

従来型は車の代金全部をローンにするが、残価設定型は50%なり70%に対してローンを組む。ローン支払い終了の段階で残価があるために、車をディーラーに渡すか、残価を払って買い取るかの選択ができる。

自分の場合、ぼちぼちローン終了の時期に来ていた。現実的には、車をほとんど乗らなくなっていたので、この機会に手放すことにした。で、どうしたらいいのか。

何も考えずにディーラーに返してしまえば、負担額はない。車がなくなるだけだ。そこで、いったん買い取り、買い取り額よりも高く売却することを考えた。買い手が現れなければ、最悪ディーラーに渡せばいいというのが担保になる。

結果的には、残価よりも高く買い取ってくださる方が現れて、その方に手放した。買い手の方も一旦ディーラーに入って整備というか掃除をされて売られているものに比べれば直販なのでだいぶ安く手に入ったことだと思う。

川越を散歩してきた

で、引き渡しの場所は小江戸川越だ。土曜日の午後の仕事終了後に行ってきた。

川越は、それほど遠いところではないけど、あまり行ったことがない。ちょうどいい機会だと思ったので、引き渡し後に散歩がてら駅まで歩いてみた。川越の名物通り(?)だ。

古い感じの街並みだ。観光客が多いし、道路も渋滞。ずーっと同じバスが見えていた。
川越の街並み

川越の街並み

川越の街並み

最後は川越駅から電車で帰ってきた。川越駅も初めて。
川越駅

新木場行きと八王子行きが並んでいる。なんかすごい。
川越駅

明日

長いこと乗り続けた車を降りたことは、自分にとってはとても大きな出来事なんだと思う。で、明日はバイクの納車。これも大きい出来事だと思う。このタイミングで、人生の色が少し変わるのかもしれない。

気を付けて乗ろうっと。