古いものから壊れていく…。電気ポットとPCスピーカーを買った。

形あるものはいつかは壊れるということで、最近細々したものが壊れて新しいものを買った。

新しいものを買ってみると、時代の流れを感じるというか、やっぱ世の中変わっているんだなと感じることもありますね。

電気ポット

いつ買ったかは覚えていないけど、象印の電気ポットが壊れた。沸騰状態が解除できなくて、いつもフルパワー運転しているような感じ。保温モードにならないというか。

新旧電気ポット

この電気ポット、まだアマゾンで取り扱ってる。2003年9月3日から取り扱っているからもう15年位。ロングセラーだな。9,405円もするんだ。一応、マイコン制御とかなっている。

新しく買ったのは機能を絞ったもの。ただ沸かして保温するだけ。お湯を出すのもモーターとか使わないで、エアーだけ。特に不具合はないけど、ちょっとお湯の温度が低いかな。個人的にはお茶をいれるくらいなので問題ないけど、カップ麺とかだともう少し高くてもいいような気がする。

あと、本体が前のものより温かいので、保温性は少し落ちているかも。それだけ燃費が悪い?

今でも、前のモデルが売られているように、電気ポットは15年経ってもあまり変わっていない感じ。構造も単純だし、ヒーターなんかはもう成熟製品でそれほど進歩する余地もないのかもしれない。

PCスピーカー

PCスピーカー

型番AT-SP13AVをネット検索すると、発売は1999年。20世紀商品だ。

内蔵アンプを動かすためのACアダプタを紛失していて(なくてもなっていた)、乾電池駆動できるはずなんだけどそれもできなくなっていて、今回右側がならなくなったので使用を諦めた。いくらで買ったかは覚えていないけど、定価ベースで7,000円もしたんだ…。

新しく買ったのは、USB電源で1,500円位。価格はだいぶ落ちているし、電源供給もUSBになっていて、このジャンルはだいぶ変わっているなと。

まあ、どんどんと時間がたち、世の中も変わっていくものだ。残っていくものも新しくなっていくものもあって、その時その時のベストなものをチョイスしていける時代なんだなと。


役にたったら「高評価」をお願いします!
  • 高評価 
  • 低評価