糖質制限実施中(スタートから1か月の変化)

元日からスタートした糖質制限。ネット検索をして見つかる情報ほどの体重減はないけど、身体は変化してきている。

体重的には、約-2Kgで停滞している。これだけ見ると何も変化がないように見えるけど、胴囲と体脂肪率に変化が出ている。

一か月目

胴囲

胴囲は、数字的には2~3cm減ってきた。ベルトの穴一つ分くらい。あと、太もも周りが細くなってきているようで、ダブダブに見え始めてきた。

腹回りではないけど、胸(首)周りも減ってきている感じ。こちらの方が先に変化を感じられたかも。

体脂肪率

体脂肪率は、体重計についているやつなので誤差は大きいと思うけど、減少傾向だ。

体重と体脂肪率は、10年以上前から日常的に計測している。長いスパンで計測して気づいたことは、体重が大きく変化をする予兆として、体脂肪率が大きく変化するということ。身体の中で何が起こっているのかわからないけど、毎日の変動幅が大きくなると直後に体重が大きく変化しだす。

体重が増えるときも減るときもだ。身体の中で何かが起きている。

なので、細かいことはわからないけど、身体の調子をある程度認識しておく手段として体重と体脂肪率を量っておくことは大切だと思っている。アスリートにも勧めるけど、まず実行してはくれないけど…。

感想

糖質制限を始めて一か月。身体もだいぶ慣れてきた感じがある。

普通に糖質を摂っていた時にような食欲の出方はしなくなった。ただ、おなかがすきだすと一気に身体が動かなくなるような感触がある。まさにエネルギー枯渇だ。

この間、新年会などの宴会が一度あった。宴会の場合、ある程度は食べるものをコントロールできる。定食とかとは違うから。でも、多少は糖質を摂ってしまう。

アルコールは蒸留酒をベースに。個人的には清酒とかあまりのまず、どちらかというとウイスキーとかなので、全然問題なかった。

ということで、全体的には身体が細くなってきている感じはあって、洋服もぶかぶかしてきている。ただ、体重値的にはそれほどでもないので、この体脂肪率変化直後を期待してみたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする