音声による情報発信を試してみる

人に何か情報を伝えるには、いくつかのやり方がある。このブログもその一つだ。

情報媒体としては、

  • 文字
  • 絵(写真)
  • 音声
  • 映像

というあたりが普通に思い浮かぶ。これを一般的なネット外の媒体に当てはめてみると

  • 文字 → 本
  • 絵(写真) → 雑誌、漫画
  • 音声 → ラジオ
  • 映像 → テレビ

という感じになろうか。
この記事のある「ブログ媒体」は、大抵は「文字+絵」というところに入るだろう。

この分類で作られたコンテンツを情報データに変換すると、ファイル量的には上から下に向かって大きくなる。つまりは圧縮率が下がるということだ。ということは、情報を受け取った人が直感的にわかりやすくなるということだろう。

ブログはベースが文字だ。たいてい写真が貼りこまれているが文字ベースなことがほとんどだ。さらに、YouTubeなど映像を使うことも増えてきた。

と考えると、実は音声配信は比較的少ない感じがする。podcastなどの利用はそれほどメジャーな感じはしない。

ということで、実験的にも少しずつブログに音声データを付け加えてみたい。noteのような音声配信も標準になっているものもあるので、個人ベースのブログでも上手に使うとうまく情報を渡せるようになるのではないかと思う。

顔出しは嫌だけど…、という人も音声だけのインタビューだとOKな場合が多いから、コンテンツの内容によっては、音声配信もいいことがあるに違いない。

役にたったら「高評価」をお願いします!
  • 高評価 
  • 低評価