スポンサーリンク

ルーズリングを使うとノートの自由度が上がり勝手が良くなる!

最近、ルーズリングというバインダーの簡易版のようなものを使っていて、なかなか便利。

(2018.01.31追記)
今では、リヒトラブからスライドリングというのも出ていて、こちらも同様に使えると思う。
ツイストノートというのもあって、出来上がれば同じような形状になるが、サイズが固定で自分の好きなものを作るのは苦しいかも。

ルーズリング

日報を毎日のように書いている。用紙フォーマットは独自のもので、自分で印刷をしながら使っている。これを最初は紙ファイルで管理していた。紙ファイルだと裏側は書きにくかったので、表面だけ使っていた。あとで見直すだけなら片面の方が見やすいけど、ファイルが厚くなりやすいことと、もったいなさが気になっていた。

ぼろくなったファイル

そこで、次はバインダーを使った。

用紙の出し入れも簡単だし、裏面も使えていい。ただ使っていくうちに、書くときに場所をとることと、留め具近くの書きにくさが気になりだした。

そこで、もっと簡単なものはないかと探して見つけたのが今回のルーズリング。

バインダーの留め具だけを取り出したようなもので、表紙も何もない。リングノートのようにどこからでもひっくり返して使える。しばらく使ってみたところなので、良い点と悪い点を挙げてみる

良い点

完全に折りたためるので、狭い場所で使える。

バインダーだと裏返すことはできないが、ルーズリングはできる。書き込みの際にほぼ用紙の大きさのスペース作業ができる。

大きさを自由に変えられる。

ルーズリングはハサミで好きな大きさに切れる。ベースは30穴だが、例えば半分にしてA5サイズのノートも自作できる。

また、通常のノートは長辺で綴じてあるが、短辺綴じとか自在だ。人によっては、短辺綴じした方が使いやすい人もいると思う。自分でもこんな感じのを組んでみた。ちょっと実験的なので、中の神に変な穴が開いているのはご愛敬。A4サイズ。表紙はダイソーで買ってきたものを自分で加工した。解像度を上げて見られると、粗ばかりなのでなんとなく雰囲気だけ見てもらえればありがたい。

自作ノート

軽い

余計なものが何もないので、軽い。ルーズリング自体もプラスチック製なので、金属製のような重みがない。

悪い点

バインダーよりも用紙を入れにくい

用紙を入れるときに、大きく口を開けることができないので、多少入れにくい。頻繁な出し入れがなければ、それほど問題になることはないとは思う。

表紙がない

止める部分だけのものなので、通常は表紙が必要となる。以前は、自作かネットで無印良品のバインダーのインデックスを使っていたが、今はその手の商品が他社からも出ている。

で、リヒトラブのスライドリング表紙。

これは1枚単位で売られている。通常、一冊のノートには表紙と裏表紙の2枚が必要なので、発注の際には注意が必要だ。偶数枚発注しよう。

多少壊れやすいかも

プラスチックの柔らかい製品なので、開け閉め、特に開けるときに乱暴に扱うと壊れる。専用ジッパーがあるが、それでも丁寧に使わないと壊れることがあるようだ。あと、頻繁に使っていると、段々とへたってくるらしい。それはまだわからない。

しばらく丁寧に使ってはいたけど、やっぱりところどころ壊れてくる。結合部の先端が小さい爪のようになってカチッとはまるのだが、この小さい爪が折れ始めている…。ある程度消耗品としての意識を持って使うものっぽい。

道具が必要

用紙を市販のルーズリーフを使う場合には問題ないが、独自フォーマットの用紙を使う場合には、穴をあけるパンチが必要。いちいち、パンチしないといけないのも人によっては面倒かも。

あと、別売りで開け閉めのための専用ジッパーがあって、できたら用意した方がいい。利用効率は上がる。

使い勝手

手でも開け閉めできるけど、ジッパーは事実上必須だろう。うちでは、ジッパーを使ってもバキバキ壊している人がいる。

まっすぐ、素直、丁寧に使えば通常は問題ないと思う。

関連製品