自己体験・経験型のブログ記事作成における効果的なAIの活用法

AIの進化が爆発的に進んでいる昨今、人々はその活用方法を模索しています。その一方で、私も含めて、AIを使って自分の経験や体験を書き記すことには少し戸惑っていました。AIは私の過去の情報を知らないからです。結果として、ブログ記事を書く際は自分自身で書くことに落ち着いていました。

AIといえども、その情報作成の方法には違いがあります。一部は膨大な量の情報を学習し、新しい情報を生成するものであり、他の一部は利用者の問い合わせを基に情報を再構築するものです。どちらにせよ、自己体験に基づいた記事の作成はAIにとっては難しい部類に入るといえます。しかし、私の体験記事を書く上で、私が新しい言語を使っているわけではないため、AIを文章作成に活用することは可能だと考えました。

その具体的な例として、過去に私がブログ記事をAIに書いてもらおうとした時の経験があります。私は一度にタイトル、構成、全ての文章をAIに作成させようとしたのですが、なかなか思うように進みませんでした。プロンプトがどんどん複雑になり、自己紹介的な情報まで含まれるようになりました。それでも結果は芳しくなく、結局、プロンプト管理を始めましたが、それもうまくいきませんでした。

ところが、ある時、他人のAIの使い方を見て気づいたのです。全てのタスクを一度にAIに任せようとすることが間違いだったのです。AIの現状では、一つひとつの工程をAIに依頼するのが最適な方法だと理解しました。

例えば、最初にAIに書きたいトピックのタイトル案を作成させます。その後、その案を基に自分でタイトルを決めます。タイトルが決まったら、次に構成をAIに作成させます。そして、その案を基に自分で構成を決めます。その後、各構成に書きたい内容や取り入れたい事柄をリスト化し、それをAIに入力して文章化させます。最後に、必要な修正を加えて完成させます。

これが私が見つけた、現時点のAIを使った効率的なブログ記事作成方法です。

AIが出てきてから、「万能」だと思っていました。しかし、まだまだ万能には程遠く、一つひとつの具体的なタスクに対してAIを利用していくことが重要であると気づきました。それでも、以前全てを手作業で行っていたことに比べれば、効率は格段に上がりました。その一方で、どうすればAIを上手に使えるのかを考えるのは新たな挑戦とも言えます。これこそが、よく言われる第二領域の仕事なのかもしれません。

効率化のためにAIを使うわけですが、常にアップデートされるAIのより効率的に使うために常に自分のアップデートが必要になっていく。なんだかな、ですね。でも、全部手作業よりはいいよ。